を求昭更年期和新山めて

標準

は午後の天気はとても良くて、空は透けるほどの靑、私は出かけなかった、あの大きな着地ガラス窓の部屋に、いくつかの古いのCDといくつかの収蔵のおもちゃ.あと何日冬休みが終わった .
私を開ける鍵がかかっていた引き出し、準備するだけで開いたあのしばらくして、ちょっとびっくりするので、私を見ていたあのリップ、私だけ使用するだけオフィスのリップ-
休みの日で会った多くの古いは、翔!北京での彼は、戻ってこないのだろう?
それだけ見てリップ、新たに入った中に戻ったあの雨季に戻っていた高校三年生に戻った翔と付き合いの日、年会わないで、いや、彼は元気よくない.
実はと翔の間のは古くさい物語は、おそらく私は、ない、私が思い出すのは本当に少ない.彼は私の高校3年生の時のついてるから.
翔は私の彼氏、雪とは、良い友達という両女男三人行の物語、漫画の本の中で最もよくを題材に、靑色の高校に最もよく起こった物語だと思って、私たちは免れ俗の、事実上私たち相先もずっといいで、彼らを見て、私は私のそばに見た漫画の本、彼らのショッピングをする時、私は少しも何か不適切と彼らの後ろで、放送を聞いて、一緒にCDを选ぶが、一緒に復習をして、このすべては私たちにとってはが当たり前で、私も聞いた雪のように良くないでしょうか?雪は睨してくれた、オレンジ、あなたもそうするか?そしてこれからは私は更に安心した、なにがいけないのか?みんなでいい!
のまま文字列は高く上がって、私達はずっと、何かは分からないが、無味乾燥の大学入試の季節のように、私の過ぎたのはとても困った、そんな一年の中で、空は靑く、雲は白の、私の見たのは最も本当の真実は、限り、美しさと楽しい日、そして美しいきれい.
私たちはこんなに三人行、世界はこんなに大きくて、空がこんなに靑、私達ずっと笑い、宿題も楽ではないが、私たちはずっと笑えるの美しい笑顔に
私は見ていて翔朗さんの笑顔を見ることが好きで、私は翔キックを見ることが好きで、彼は私に向けて笑って、翔の笑は
いいじゃないのではないか.笑ってないのは良いですか?私は一度も意識して私を好きになる翔.
ずっとその夜、あの雨の夜、私たちは3つの約束した映画を見て、私は映画館で近くの書店など彼らは整然とし、書店、分類の本を置いて、蛍光燈にゆれる小さな店外の雨と比べると、この小さな空間顕の特別の暖かさ、私は一列一本前に立って、本をめくっているのかも、心性であり、私がずっと好きに美しいとこれらの物語、翔も好きで、翔?私は意識してあちこちへ見て、吐いて、隣の人は?
翔マイクロをささげ持って、手に<アラビアンナイト>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です