グリム童更年期話若草物語キス:釘

標準

は市の上が繁盛して、彼は売り切れましたすべての商品、財布、ぎっしりつまっているの.彼は日暮れ前に駆けつけると、家を钱箱束で馬に乗って馬を出発した.

昼ごろ、彼はある町で一休み.彼が旅を続けたい時、馬丁引き出すマレー殿、馬足を引っ張るの蹄鉄にプラスの釘が必要.それから、行きましょうと答えてこの蹄鉄商人、きっと歩き終わるまで支える6裏道、私は急ぐのか!

午後の時、彼は再び馬馬丁部屋に入ると、殿、马后足のひとつの蹄鉄を落としちゃって、俺が連れかじそれへ行きますか?それから行きましょう !商人と答え、この馬はきっと歩き終わって殘った数裏、私は急いだ!

彼は馬に乗って歩けば、やがて馬は一歩一歩びっこのあとすぐに始まってと、最後にそれはついに転んで、足が折れた.その商売人しかない彼の馬を捨てて、解の下で钱箱背中で、歩いて.などに家に帰るときにはすでに真夜中を聞くだけで彼はつぶやく:あののろくでなしの釘が私を害惨ました.

急がば回れ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です