二城の更年期次郎物語崎にて人

標準

昔、乞食.借りたお金は地主のためにも、まだ、地主に追われ.彼は乞食に成り果てる後、人を助けることが好きで、乞食たちは彼を尊敬する.この日、ある老人.十分に水がホームレス、乞食は彼に倒れた一杯の水を、老人にはおじいさん、ごゆっくりと飲んで、もし足りないで、私は更にあなたへ.老人に飲んで、あっという間に雲に乗っている仙人になった.仙人はホームレス若者、あなたは人を助けることが好きな心は天、明後日は三人の僧はあなたの家までの中で来て、あなたは1本の棒で叩き三人の僧はそれぞれの頭をして、3、5の下.そう言って仙人は見えなくなって.明後日、ホームレスの家の前に座って、仙人の言葉を「明後日が三人の僧はあなたの家までの中で来て、あなたは1本の棒で叩き三人の僧はそれぞれの頭をして、3、5の下.しばらくしたら、やはり3和尚、和尚さんにホームレスの家でホームレスを照らして仙人なら、城の崎にて、1本の棒を三人の僧はそれぞれの頭をして、次郎物語、3、5の下.私は金色の光を放ち、三人の僧に三尊金色の仏像を三尊仏像、ホームレスまで引いて売却した市、売却の金を借りに返し地主の金.まさかこれすべて地主を見た.地主喜びノ狂の家に帰っていた、三人の僧は家に来.日一日が過ぎ、十数ヶ月のしきりにのを待って、やっと、三人の僧は地主の家まで来て、地主も一本の棒でそれぞれ三人の僧の頭をたたいて、3、5の下.三人の僧はとても奇怪で、地主を見て初めて和尚は何も変わらない、またひどくを叩いて、更年期、三人の僧は奇妙かつながら、地主口だけが聞こえ、「どういうことで、どのようになってない三尊仏像金色の結果を得ていない、地主に三尊金色の仏像されるどころか、3棒で叩きました和尚50下、叱られた一番.