多少の更年期女性は自慰癖がある

標準

インターネットを通じてをアメリカ

の全国的な健康と行為、アンケートに2523名18-92歳の女性は過去にきゅうじゅう日性行為を分析して評価を含め、独自に友達と性活動の異なる年齢層の女性の割合は、評価彼ら過去一年のオナニー、膣アナルセックスと週波数.

調査結果によると、アメリカ現代婦人は多種多様な独自性と伴侶の性活動に従事しているが、性行為は老年層においてあまりよくありません.膣性交は依然として婦人の中で最も普遍的な行為で,オナニーとフェラチオも頻繁に行う、非常に少数の女性は、女性に報告されて、しかし、これは若い女性は、友達の女性があります.ここでは、手淫のアンケート結果

紹介します.1、1、単独でオナニーする年齢層比較

の半分以上を18-49歳の女の人は過去のきゅうじゅう日でオナニー、平均が61.4%、25-29歳の群体の中での割合は最高で、独身の女性がデートでオナニーの割合はガンダム94 . 1%、この割合は加齢とともに減少していき.しかし60-69歳伴侶のは無友達の女性報告最近単独オナニーの著しい減少(まで下がって38.1%–28.4%)、60-69歳の女性の群体のすべてのカップルと年齢関係部門で、約3分の1の報告の最近のオナニー.70歳、カップルがあるが同居する女性には、半分の女性が半分のオナニーを報告する.

p2、単独でオナニー頻度

18歳から39歳の女性が報告すると、頻繁な単独オナニー(毎月が少ないか、もっと多い)は48 %に上昇しますが、これは手淫の頻度はメジャー年齢組の普遍性が減少します.

p>と<からオナニーは男性だけでなく,特許、そして参加の割合と週波数も男性と相には遠くなくて、『性学观止》という本の中にも触れたの詳細については女性でオナニーの調査(以下は書籍部分内容摘选):

キンゼイの調査では、92%の男性と58%の女性が一生のうちに何度かでオナニーが最高潮に達し、女性最高数比率は62%—、45歳、女性でオナニーの人数は増加.54歳の女性は15歳でオナニーし、14歳で20歳から始めたという.

女性に対して

オナニー週波数、— 18-24歳の独身女性毎年21回オナニー、ハント調査では毎年37度.雑誌の調査では,更年期、数が高い:35 %の女性は少ないオナニー、37週数、25 %数週間、3 %の毎日の毎日のように.この頻度は違う年齢(55歳まで)すべて一緻、年齢の増加に伴って低下している.

中国人女性のオナニーに似たオナニーの調査データはどんなのか?有限な知識情報は、現在も知らない
.ただ性社会学者李银河教授著『中国女」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です