子羊の更年期され妻松井秀喜説得力

標準

の牧場主多くの羊を飼っていました.

彼の隣はオリオン、庭を飼った一群の獰猛な猟犬.

よくこれらの猟犬スキップ柵、襲撃牧場の小さい子ヒツジ.

牧場主何回オリオン犬を閉めてくださいが、オリオンは納得できないで、口では承知していたのに、何日を過ぎて、彼の家の猟犬は飛び込む牧場暴れる、何匹の小かま.

忍ぶに忍べの牧場主町の裁判官を裁く.

聞いたときの彼の訴え、裁判官は私はそのオリオン処罰も発令彼に犬を鎖でつなぐ.しかしそうなるとあなたを失って、多くなった1つの敵.あなたは喜んで敵として隣ですか?やっぱり友達として隣の?

"はもちろん友達として隣.」牧場主と.

それならいい、私はあなたの考え、私の言うとおりにし.保証することができるだけではなくあなたの羊の群れを受けない事、またあなたを友好の隣人.裁判官は1番こんな引継ぎ.牧場主连称までは .

家に着くと、牧場主に裁判官の选3匹の最もかわいい小さいラムにオリオンの3人の息子.白い羊を優しく、子供たちは大喜びするさま、毎日学校の庭で遊ぶ小さい子羊と戯れ.恐らく傷つけ猟犬息子たちの子羊、オリオン大篝し、犬はじょうぶに鍵をかけて.それから、牧場主の羊は二度とかき乱され.

牧場主の好意を感謝するために、オリオンから様々なジビエを彼に、牧場主でも時々羊肉とチーズのお返しオリオン.次第に二人のいい友達になった.
一人を説得する最良の方法は彼のことを考えると、彼もからの利益のために.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です