男は「早更年期漏」に「早漏」されて

標準

" p "は事業も家事も、男はだめと言われ、特にベッドで運動する時,早漏早漏、絶対男性に相当大きな打撃を与えているが、あなたは知っていますか?ある時これらの早漏は実は1種の仮相で、新婚、別居一段の時間、仕事の圧力の大きいあるいは体の疲労の時.男性の男性は理性的に認識し、早漏に陥る早漏に陥る.

性コンサルティングと性治療に触れて最多の問題は早漏早漏になっているということです.男性は自信が大きく、夫婦で各点を分けて.疫学研究では、早漏罹患率は30 %程度というが、実は射精制御能力差のある男性は約75 %という.もちろん、この大部分は仮性早漏早漏.

pは、仮性早漏を正しく認識し、本当の早漏を徹底的に理解しなければなりません.これは、性交の時、男子勃起のペニスはまだ女膣に挿入されていない前に、挿入過程で、ちょうど挿入した後にまもなく(1分不足)、射精.このような射精は通常男性の主観的な意思が発生する前に、男性は不足していて射精する能力を制御していないで、それに焦って、不安を感じます.また、この場合は3ヶ月以上存在する場合も繰り返して.

一般的に、新婚、別居一段、仕事のストレス、体の疲れ時、発生する早漏多は仮相、性の.新婚男性の大半が性経験がないため、性生活の各部分も十分に協調し、熟練レベルも低い.新婚夫婦の部屋の夜が、どうしても精神は非常に興奮状態にある、性器内も相当数の精液集り、強烈刺激性、自然に待ちかね射精.同様に、夫婦は長く別居し、性生活は不規則で、再会した後も新婚の効果に似ていることができます.しかし、多くの男性はこれから、重い心理的負担を背負って、今後の性生活に影響を与えます.

は生理の原因のほか、、仮性早漏の心理の原因はとても多くて、たとえば婚前同居に、居住プライベート条件が悪い,更年期、心配する気持ちか妊娠,緊張、失败して、疲労、女性があまりにも強い体を追求し、女性の時間は長すぎるなど.不良とマイナスの心理状態によって.

P実は、性生活時、正常な男性はたまに射精して速い現象が現れて、不足して、だから武断は早漏が早漏だと思っています.しかし、自分はいつも悪い所へ思って心配して、また次回のこと、あるいは妻があまりにも文句や責め、たとえ噛んで吐き出すようも、精神的ストレスにつながるかもしれない男に強めて、心理の上の悪循環をもたらしてしまう問題が繰り返し出てくることができ、最後に本当の早漏患者、甚だしきに至ってはまた、勃起障害など他の性の機能の障害の出現.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です