道の更年期端

標準

ガチョウの大下がきつくて、山一面につけた厚い雪.

一人の木こりを選んでいて2荷柴がんばって山を登って、彼は目の前の大山才能に越えて.家.木こりが深く淺い足足に歩く山地雪道、静かな山を踏む雪だけが聞こえ出すという音を立てる.

肩で重い柴、頭のてっぺんの厳しい北風で、木こりが一歩も非常にきつい.せっかく久しぶりに登ると、いっぱい頂上近くなって、しかし空を見上げて、前を見は果てしない.

木こり気落ちして限り、ひざまずいて雪の上に、手を合わせて仏に現れ助けを乞う.

仏質問:"あなたは何ですか?」

私をどうにかしていただき、私に早くこの鬼地方、私は疲れては本当にだめ.木こりが疲れに座っ.

いいでしょう、私は1つの方法を教える.と言って、手を後ろに、仏様に、あなたは後ろへ見に行って、見たのは何ですか?

後ろには一面の広大な雪、私は山に登る時の足跡を殘して.木こりが分からないと言って.

あなたは立って足跡の先は後方?」

"はもちろん足跡の先に立つので、一つ一つの脚印を殘して私からの.」木こりが当たり前に答え.

“孺子教うべし!こんなにつまり、あなたに立って歩いた道の先端.ただこの先端に伴って君の足の移動が変化する.あなただけを必要として覚えて、道はどんなに遠くても、どんなにでこぼこで、あなたは永遠に自分の道を歩いての先端に至っては、他の問題は無視.」と言うと、仏様に消えた.

木こり仏の指示とおり、やはり気軽にひっくり返って山を越える头回家.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です