養生の更年期常識は夏泳ぐ後は体の部位を洗う必要があります

標準

夏の運動、たくさんの人は水泳と思っている人が多いと思います.水泳は体を鍛えることができて、また殘暑体つきをすることができます.みんなは水泳が好きですが、水泳による感染もあるのは、そのために、どのように感染するのでしょうか?水泳の後、体を清潔に注意して、さもなくば病気を誘発しやすくなりやすいです.

夏のプールで一番にぎやかですが、ほとんどの人が泳ぎ終わると簡単に風呂に入っていただけです.殊、夏水温は高く、水の中の各種の病菌は非常に高くなりやすい.そのため、清潔はとても重要で、特に以下の4つの地方で、一定の重点は清潔にしなければならない.

p1、女性は.水泳は婦人病に誘発可能で、月経期前後三日、月経期は水泳、交差感染を避けるために.水泳後はすぐに小便をするべきで、清水に水を加えて水の中の酸塩基環境を改善することを助けることを助けることができます.また、勝手に座ってプールの辺は上、バスローブやバスタオル巻いて座らせて.

2、目.泳いで泳いで、目が赤くなり、渋く、分泌が多く、細菌、ウイルスに感染することが多い.はねたみ病高の6~8月、特に注意して,水泳の時に着用泳镜、水が目に入って、手にきれいな水で洗い流すこと.水泳の前後で消炎消炎の目の水薬が数滴.

3、鼻.プールには鼻炎のアレルギーが大量に誘発されている.アレルギー体質の人は、水泳前後に相応の抗アレルギー薬を服用して、防護器具を着用し、鼻腔の取水を防止することができます.水にむせて、くれぐれも力ん鼻、耳管管拡張,更年期、汚いものは耳管管による中耳、中耳炎.水泳後は何度も鼻をかむ.また、水泳が終わったら、塩水で鼻を洗い、消毒水を消毒して、鼻粘膜の刺激に対して刺激を受けます.

口内4、口腔.消毒のプールには、細菌も殺すとは限らない.細菌は口腔侵入呼吸道、消化道、さらに感染が発生します.特に人体に抵抗力が低下し、口腔粘膜が傷口や炎症が発生する場合、感染しやすく、歯ぐきの腫れ、口腔潰瘍.水泳後はすぐに清水で嗽すべきだ.条件の許す場合、うがい水消毒
.水泳後はすぐに洗って、直ちに口腔の表面の細菌にとどまることを防止することができて,そのほうがもっと奥に発展することを防止する.嗽前、水は水と食べて食べないこと.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です