Yの更年期ファイアウォール論点

標準
僕の顔が彼を見ている.

私はただふと一つの考えがあり、私もできないし、Yは補充して、そして天に肩を、私が彼は引き続きこの話題を討論したくないから、自分も肩をすくめ、そして少し慰めて少しのように彼に.

Yだけ語、振り返って眺めて車の窓の外はあの一面の綿の田園続けながら、たまには遠くにある丘のように倒れ、巨人を遮って、走る汽車のスピードは速いので、私を見ていなかった列車の道端の家に加えている納涼の夜風の中村人.夜がぼんやりしていない臨時、これらの電源が村の村民はさぞかし太陽下山後は寝床につく、私は窓の外の景色を見ながら、すなわちが来るのを思い出しながらた暗とYの言葉は、暗闇を恐れてこそ、宗教徴服されてか、否徴服宗教の人徴服も自分の心の闇に?私はYがなぜこの列車から行きの列車にバンコクハジャイがこのような論点は、自分がどうしてこの考えはたぶん、道を急ぐあまりにも疲れないので途遠くを見ましょう、時々仏像や寺は頑固な巨石に田園風景にそびえ立つ、観ていて少しけらけら近い感じ.

汽車は次の駅で止まって、私はついに我慢が止まらないあなたのさっきどうしてあの番宗教について話せば.

顔疑惑に私を見て、と言うか.

私は徴服、徴服のあのセリフですね.

思って、そして心に答えると、よ君の聞き損ないだ、私の言うのは宗教ではなく、自然に.

自然.は

よ、この世界にいる人は、自然徴服は、自然を徴服した、自然と平和共存というものはないこと.

それだろうと思った.

僕もですが、私はさっきずっと考えて間違いを言ったかもしれないが、実は自然と人がお互いに徴服で、お互いを経てようやく平和共存という相互徴服.私はこんなんだ.

ええ、本当に面白くて、確かにあなたの言いたい宗教ではありませんか.

確定して、そして汽車に続いていただきます、私たちも終瞭した話を、私は再度窓の外を見て、太陽がいつか消えた、殘った夜の暗が、私はこのように窓から外を眺めてその花びらに瀋黙の暗としながらも、自分の心の中のあの暗
.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です